11/242017

マラウイにたくましい女性発見、成瀬美紀さん(香川出身)

20171123a.JPG

マラウイには現在もたくさんの青年海外協力隊の隊員が活躍していますが、我が香川出身の隊員も奮闘しています。

この日は象がたまに出没するという野生保護区をちょっと期待しつつゆっくり走り抜けて(象には会えませんでした・・・)、コタコタ(Nkhotakota)という町へ。マラウイ湖に面した小さな町。約束の時間まで早かったので、マラウイ湖に立ち寄って、トイレ休憩がてらガソリンスタンドで休んでました。で、まぁ、日本人が集団でうろうろしてると目立ちますからトイレの前で待ってるところにお土産売りのおにいさんたちが近づいてくる。手には木彫りの象やカバなど。第三世界方面に旅慣れてないと断りにくいので、同行してる女性陣は困りつつも話を聞いてしまっている・・・。ここはひとつ男森田が蹴散らしてくれよう!

森田「ノーサンキュー、ノーサンキュー。イーナフ、オールレディ、オールレディ」
おに「ヘイ、ジャパニーズ!プリーズ、ウォッチ!」
森田「ノーサンキュー、ノーサンキュー。」
謎女「けっこう、このおにいさんたちの安くていい品物ですよー」
森田「え?! 君、誰??」

という感じで現れたのが、香川県高松市出身の成瀬美紀隊員。聞けばこのおにいさんたちに部屋探しを手伝ってもらってるんだとか。それにしても突然の登場で現地化しまくってるな・・・。確かに、お土産の木彫りの象やカバも交渉すればかなり安くなりました。一行は成瀬さんおすすめの食堂でランチをご一緒させていただき、そこに先輩隊員、富山出身の原隊員も加わって、活動拠点のオフィスへ。

成瀬さんも中平さんと同じ2017年度第一次隊。7月にマラウイに到着して、一ヵ月後に南部の地方で着任していました。が、モザンビークとの国境近くでの吸血鬼騒動に端を発する混乱から一時首都のリロングェに退避となり、その後新たにコタコタに2週間前に着任したばかり。というわけで、かなりまだ日が浅くて戸惑いの中で小さくなって過ごしてるのかなと思ったら、陽気な元気印の娘さんが登場したのでびっくり!

最初の頃はインフラ面にしても仕事上の設備やマラウイ人のスキルなどにしてもいろいろと低品質で不安だったみたいですが、二ヶ月ぐらいで慣れてしまったんだとか。早い(笑)。大事なのは鈍感力。ここは日本じゃない。マラウイ。なんでもかんでも神経質になっていたら進まない。

20171123b.jpg

成瀬さんの仕事は農村部におけるコミュニティ開発の支援。先輩隊員、原さんが切り開いてきた村々の人々との信頼関係を土台に、自立できるビジネスモデルの創出や、コミュニティとしてのネットワークが強まることで起きてくるメリット提議などがミッション。特に力を入れているのが、トウモロコシの皮やピーナッツの殻、おがくずなどを利用したブリケットという炭の生産と販売。いわゆるチャコールブリケットというやつですね。ホームセンターで売ってるやつでダッチオーブン料理をするので僕はよく使うんですが、それと比べても品質良さそう。マラウイは電化率低い上に、郊外ではガスなどの化石燃料を使うことも無く、主要なエネルギーは、薪と炭。人口増加もあって森林伐採が問題になっているとのこと。ブリケットを普及させることで現金収入にもなるので一石二鳥。

なるほど。先進国の援助に依存しないよう、自立した経済を!というのは簡単だけど、ひとりひとりのマラウイ人にとっては、目の前の生活がまず一番。努力した結果がちゃんと現金になることで、次のモチベーションアップに繋がる。

二人はバイクで村々(遠くは片道20km!)を周ってコミュニティ開発支援をしているとのことだけど、それにしてもマラウイ人相手に、これはかなりのコミュニケーションスキル、プロジェクトマネジメントスキルがないと難しい。何より根性も伴ってないと。日本人相手でも難しいことをやってるんですから・・・。やっぱり本人たちが優秀なのと、志が高いんだろうなぁ。帰国した隊員が転職市場でひっぱりだこなのは、経営者の一人としてよくわかります。

先輩ボランティア原さんが築いた礎。後任の成瀬さんは助かっていることが多い。さらに発展させ、結果を出していかなくてはいけないので、相応のプレッシャーはあるのだろうが、身につけた鈍感力を駆使しながらたくましくマラウイの地で草の根の活動を続けることでしょう。同郷の人間として誇りに思います。

若き讃岐女の笑顔は、夏の陽射しが降り注ぐマラウイ湖にも似て眩しいのでした。

(マラウイ三部作、ひとまずここまで)

20171123e.JPG

おやつや調味料、ボールペンなどの補給物資をもらってほんとに嬉しそうな成瀬さん。

20171123d.JPG

オフィスをバックに記念撮影。巻いてるスカートやカバンもマラウイ布のチテンジ使ってアレンジ。

20171123c.JPG

成瀬さん、原さん、笑顔のお見送り。二人ともほんとかっこええわー。帰国したらまたお話聞かせてください。寿司でも焼肉でもごちそうしますね。

NEW ENTRY

keyboard_arrow_up

ホームGofield.com編集長の弁 › マラウイにたくましい女性発見、成瀬美紀さん(香川出身)